証券口座はどこがいい?どうやって作るの?

株式投資において始めにやることは、自分の証券口座を持つことです。
株の売り買いは個人で行うのでは無く、証券会社を通して行うことがほとんどですので、まずは証券口座を開設することが必要になってきます。

 

そこで、初めて証券口座を開設する方向けに新規開設までの流れと注意点をまとめてみました。

 

実際には証券口座の開設はほとんどの証券会社でネットからの開設が出来るようになっています。
郵送による開設もできますが、ネットを使うと必要な書類のやり取りがすぐにできるため、最短1営業日で開設できることもあります。
郵送だと書類に不備があったりしたときに更に開設まで日数が必要になってしまいますので、特に理由が無ければネットからの開設をオススメします。

 

ネットによる証券口座の開設は各証券会社のサイトの説明に任せますが、ここでは重要な点について抑えておいて下さい。証券口座の開設には必要書類の用意の他に手数料の支払い方法と口座の種類について知っておく必要があります。

 

2016年より、証券口座の新規開設にはマイナンバー必要になりましたので、通知カードかマイナンバーカードをお手元に用意しておいて下さい。

 

本人確認書類として運転免許証や保険証などの撮影画像データをインターネットで送る必要がありますので、スキャナーで取り込むかデジカメもしくは携帯のカメラ機能を使ってパソコンからアップロードできるようにしておき、表面と裏面の画像を撮影しておきます。

 

その他に証券口座の入金用クレジットカードも必要に応じて予め用意しておきます。

 

次に手数料の支払い方法の選択についてですが、初心者の方は一度の取引における手数料が安いコースを選んでおけば間違い無いでしょう。

 

株を買う口座には株を買うために必要なお金の他に株取引に必要な手数料も入金しておく必要があります。その入金には銀行の口座を指定しておくのがオススメです。各証券会社が提携する銀行からの入金だと振込手数料がかからないため、提携先の銀行に口座を持っていないと新規開設の手間はかかりますがメリットは十分にあります。

 

株の取引をネットから自分で注文するネット証券を選ぶか、電話をかけてオペレーターとやり取りする対面取引がありますが、ネット証券の方が手数料が格段に安いため、初心者や少額取引の方にはオススメします。実際にはネット証券でもわからないことがあればヘルプデスクに聞くこともできますし、インターネット環境があればどこからでも売り買いの注文が出せるのも特徴です。

 

ネットからの口座開設で一番悩むのが「特定口座」にするか「普通口座」にするかですが、これは株の売買にかかる税金の支払い方法に関わってきますのであなたがサラリーマンで株を副業としてやりたいなら「特定口座 源泉徴収あり」を選択するのがベストです。これだと確定申告が必要ありませんので株の売買に集中できます。

 

以上が証券口座を開設するにあたっての必要事項になります。実際にオススメの証券口座は別ページにまとめてみました。